ダイヤモンドコア穿孔工事
HOME » ダイアモンドコア穿孔工事

ソリューズのダイヤモンドコア穿孔工事とは

フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です。
ビルの改修、模様替え工事などに伴うコア穿孔工事を、ダイアモンドビットを使用し、鉄筋コンクリートをはじめ様々な材質の構造物に対し、小さい穴から大きな穴まで、また高度な技術を必要とする天向きまで、穴をあけます。また、採取したコンクリートの圧縮強度や中性化の進行程度を調べる試験も行なっております。
特長
  • 1.鉄筋コンクリートも容易。様々な材質の構造物が切断可能
  • 2.補修の必要がない、キレイな孔を正確かつスピーディに  穿孔することができます。
  • 3.埃・騒音を極力抑え、短時間で穿孔ができます。
  • 4.小口径から大口径までの穿孔が可能です。
こんな場面に活躍しています
■エアコン・水道・ガス・電気・電話等の配管工事における鉄筋・鉄骨・コンクリートの孔あけ。
■土木工事のガードレール、フェンス、よう壁の水抜き。
■レンガ・大理石・陶器等、硬い石材の孔あけ。
■道路・ダム・隧道・橘梁・土木等のコンクリート構造物の孔あけ及び強度テスト用のコア採取。
■その他鉄筋コンクリートの穿孔全般。

穿孔工事の流れ

①お得意様(監督など)より、穿孔場所の指示を受け、墨だし(壁・床面)などに、穿孔サイズを描く

②ダイモドリル取付けのためのアンカーを打ち込む

③ダイモドリルの支柱(ベース)を取付け、ダイモドリル機械セット完了。穿孔を行う。

④穿孔完了(壁面に指定サイズの穴が空きました)

⑤穿孔採取したコンクリート(コア)

コンクリートの耐震診断

ダイヤモンドコアを使って既存のコンクリート構造物の強度を調べたい部分のコンクリートを採取し、マンションや戸建て、土木構造物等、各種耐震診断も可能です。

診療可能の内容

■採取コアーの厚さ ■硬度の測定 ■中性化試験※ ■鉄筋腐食状況
※中性化試験とは
鉄筋コンクリート構造物の耐久性は、雨・車の排ガス等によるコンクリート(アルカリ性)の中性化により、鉄筋が腐食・膨張してコンクリート表面にクラックが入り、剥落する事になり、いつ落ちるか分からない危険な状態になります。このような状態にならない為の、中性化の進行程度が、コンクリート表面から何センチ進行しているかを測定する試験です。

当社では、コンクリート内部探査を行い、現場にて直ちに埋蔵物の位置を明示し、確認した上でダイアモンドコア穿孔(コア抜き)工事またはアンカー工事を当社作業が一貫して行います。
それにより、申し伝え漏れの心配や検査から工事までの空き時間がなくなります。
従って、正確で迅速な工事を低価格に提供することが可能です。
穿孔工事
お墓の硬い石材に、耐震棒を入れる穴を穿孔することが可能です。
お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら
事例はこちら
どんな事でもお気軽にご相談ください。
保有資格・機材
住宅防音工事
墓石の耐震棒設置補助
採用情報
サービスエリア

神奈川・東京・埼玉・千葉・茨城・ 栃木・群馬を中心に全国対応。

KEN STYLE DESIGN
フェイスブック